よっしーの少量多品種で楽しむ家庭菜園

初心者から始めた少量多品種栽培の家庭菜園ブログです。 色々な品種、栽培方法に積極的チャレンジしていきます!

シャドークイーン初収穫!ブルーベリーよりもアントシアニン量が多いすごいジャガイモ!

シャドークイーン初収穫!ブルーベリーよりもアントシアニン量が多いすごいジャガイモ!

今回の概要

今日は、ジャガイモのシャドークイーンの試し掘りを行いました。早めの試し掘りとなりましたが、ここまでの試し掘りの結果としては、他の品種よりも良好な収量でした。

シャドークイーンは紫色が濃いジャガイモで、ブルーベリーと同じ紫色の色素であるアントシアニンを多く含んでいます。アントシアニンは、ポリフェノールの一種であり、抗酸化作用があり、目に良いと言われています。参考サイトの情報によると、シャドークイーンは、一般栽培のブルーベリーよりも5倍以上のアントシアニンを含むと考えられます。

お味もほくほくして甘みがあって、家族にも好評でした!皆さんもアントシアニンを非常に多く含む美味しいジャガイモ『シャドークイーン』にぜひチャレンジしてみてください!

収穫したシャドークイーン

収穫したシャドークイーン

 

今回の内容

  

シャドークイーンの試し掘り、初収穫!

どうも、よっしーです!

今日は義理の妹夫婦が遊びに来るということで、昼からバーベキューでした!

 

ジャガイモは昨日試し堀りしたのてすが、バーベキューで食べる用に急遽シャドークイーンを試し堀りすることにしました。

シャドークイーンは、今年初挑戦の紫色のジャガイモです。

 

収穫したのは、生育が早い超浅植えマルチ栽培の方にしました。

収穫前は以下のような状態で、葉っぱが全然枯れておらず収穫にはまだまだ早い段階ですが、収穫してみました!

収穫前のシャドークイーン

収穫前のシャドークイーン

マルチを剥がすと芋が何個か見えましたが、あまりたくさんは見えずちょっと心配に。

収穫前のシャドークイーン(マルチを剥がしたところ)

収穫前のシャドークイーン(マルチを剥がしたところ)

株を引き上げるとそれなりに芋が付いていました。

シャドークイーンの株を引きあげたところ

シャドークイーンの株を引きあげたところ

そして、鍬でさらに掘りあげると紫色の芋がさらに何個か出てきました!

収穫が早かったため、小さめの芋が多かったですが、まずまずの収量でした。

小さなイモも合わせると合計800g弱でした。

シャドークイーン収穫後

シャドークイーン収穫後

小さなイモは種イモ用に保存する予定です。

食べる分を水洗いすると紫色がさらに濃く、黒光り状態に。

それにしてもすごい色です(^^;)

シャドークイーン水洗い後

シャドークイーン水洗い後

今回は、シャドークイーンはバーベキューコンロにアルミホイルで包んで焼いてみました(炭の中で放置です)。ジャガバターで食べてみました!

(写真撮り忘れです💦)

 

シャドークイーンは火を通しても、中までしっかり紫色でした。

お味もほくほくして甘みがあり、家族にも好評でした!

 

 

シャドークイーンはブルーベリーよりもアントシアニンが多い!?

シャドークイーンの紫色は、アントシアニンという色素の色で、ブルーベリーに含まれることで有名です。

ブルーベリーを食べると目に良いというのは、このアントシアニンの効果によるものです。

 

アントシアニンポリフェノールの一種で、抗酸化作用があり、目に良いという他にも内臓脂肪の蓄積を抑えるなどの働きもあるそうです。

アントシアニン | 成分情報 | わかさの秘密

 

さて、シャドークイーンのすごいところは、そのアントシアニンの含有量の多さにあります。

100gあたり、アントシアニンを816㎎も含んでいるとのことで、紫系のジャガイモである「キタムラサキ」や「インカパープル」の約3倍に相当するとのこと。

じゃがいも (シャドークイーン) | 和ファーム

 

以下の参考サイト様の情報では、一般栽培種のブルーベリーのアントシアニン含有量が100gあたり約140mg、アントシアニン量が豊富であるビルベリーで670㎎とのこと。

目の疲労感にはアントシアニン!効率的に摂取するためのポイントとは?<PR>|わかさ生活

 

上記の情報からすると、シャドークイーンはブルーベリーの5倍以上のアントシアニンを含んでいることになります。

 

ということは、100gのシャドークイーンを1個食べると、ブルーベリー500g以上を食べた時と同じアントシアニンを摂取できたこととなります。

 

なんか、たくさん栽培して毎日少し食べるだけで健康になれそうな気持になります。

来年から栽培数を増やそうかな~。

 

ちなみに、私のここまでの試し掘りの結果では、シャドークイーンの収量が断トツで多いです(小さめのイモは含んでいますが)。中晩生らしいですが、株も大きく立派に育っていますし、茎も紫色で丈夫そうな感じがします。

 

みなさんもぜひシャドークイーンの栽培にチャレンジしてみてください!

 

-->
-->