よっしーの少量多品種で楽しむ家庭菜園

初心者から始めた少量多品種栽培の家庭菜園ブログです。 色々な品種、栽培方法に積極的チャレンジしていきます!

今日初めて知ったホウレンソウのヒユ科、アカザ科問題。そして新手の寄せ植えにトラブルか?

今日初めて知ったホウレンソウのヒユ科アカザ科問題。そして新手の寄せ植えにトラブルか?

今日の概要

今日は、『新手の寄せ植え』にちょっとトラブルがあり、ルッコラの苗の1つに白斑病と思われる症状がありました。すぐに白斑病と思われる葉を除去しましたが、広がらないことを祈るのみです。ここ最近の低温と雨の影響が大きいと考えています。

それで、白斑病がアブラナ科の代表的な病気という事で、一緒に寄せ植えしているビーツの科を念のため調べたところ、『ヒユ科』と書かれており、記憶していた『アカザ科』とは異なりました。あれっと思い、さらに調べると、DNA解析の結果、アカザ科ヒユ科に統合されたとのこと。というわけで、ホウレンソウやビーツはヒユ科だということが初めてわかりました。科学の進歩ですね~。

今日の新手の寄せ植えの様子

今日の新手の寄せ植えの様子

 

今日の内容

 

新手の寄せ植えにトラブル?

どうも、よっしーです!

私の住んでいる地域は、コロナウイルスについては、ずっと感染者は出ておらず、子供のスポ少が先週から再開しているため、今日は仕事から帰ってきてからもバタバタで家庭菜園は10分程度しかチェックできませんでした。

 

そんな中、『新手の寄せ植え(野菜の余った育苗苗を6種類程鉢に寄せ植えしたもの)』にちょっとしたトラブルが・・・。

以下の写真が今日の様子です。

写真の下のスナップエンドウがモリモリ伸びていますが、他にもルッコラ上の3株の生長も著しいですね。また、左側のパクチーも徐々にパクチーらしい姿になってきました。真ん中2つは、ルバーブで、右2つがビーツ、ルッコラの右隣の小さい2つがバジルです。

 

新手の寄せ植え5/21の様子

新手の寄せ植え5/21の様子

さて、ルッコラの真ん中の株の一番大きな葉っぱですが、白い斑点があります。

これについて、すぐ調べたところ、おそらく白斑病であることがわかりました。

白斑病は、アブラナ科の代表的な病気らしく、気温が低く、湿度が高い時にかかりやすいそうです。まさに、週末から昨日くらいまでがそんな天気だったので、思いっきり思い当たるふしがありました。

とりあえず、病気が確認されたのは、その葉1枚だけでしたので、その葉だけを撤去しました。病気が広がらないことを祈るのみです。

ルッコラの白斑病?

ルッコラの白斑病?

ただ、『新手の寄せ植え』の中にはアブラナ科は、ルッコラしかないため、大丈夫かなと楽観的に考えています。(広がってしまった時は仕方ないですね)

 

ちなみに、軽めの問題がもう2つ。

上の右側がビーツ、上左側がバジルですが、それぞれ2つの苗が近すぎますよね。

これは、育苗段階からで、セルトレイからそのまま移植したため、このように非常に近い距離になってしまいました。どっかで間引きしなきゃかな~。と思いながら、ギリギリまで粘りたいという気持ちもあります。どうしようかな。

ビーツ近すぎ問題とバジル近すぎ問題

ビーツ近すぎ問題とバジル近すぎ問題

 

今日、初めて知ったホウレンソウのヒユ科アカザ科問題

なんで、いきなりこんなタイトルと見出しなのかというと、病気の確認の時に、念のため、寄せ植えしているそれぞれの野菜の科を確認しました。

その中でビーツはホウレンソウと確か同じだから、アカザ科だよな。と思っていました。しかし、インターネットで検索すると、ヒユ科という文字がちらほら。

 

以下のサイト様によると、

DNA解析に基づく新しい植物分類学で、アカザ科が無くなり、ヒユ科に含まれてしまったのです

https://plaza.rakuten.co.jp/negishinouen/diary/201601100000/

とのこと。そうだったのか~。

というわけで、ホウレンソウは、ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属で、

ビーツはヒユ科フダンソウ属とのことです。(ちなみに、テーブルビート?が正式名のようです)

DNA解析が進んで、こっちの仲間だった!なんてことが起こってしまったんですね。

知識はリニューアルしていかないといけないですね。

 

そういえば、自分が持っている本は?と思い、先ほど以下の書籍を確認したところ、

ちゃんとヒユ科やアカザ亜科と記載されていました。

じゃあ、私のホウレンソウとビーツは『アカザ科』という思い込みは、いつから、何をもって始まったのか?ちょっと自分でも不思議に思いました(^^;

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】【本】有機・無農薬でできる野菜づくり大事典 金子美登/著
価格:1650円(税込、送料別) (2020/5/21時点)

楽天で購入

 


 

 

 

 

 

-->
-->