よっしーの少量多品種で楽しむ家庭菜園

初心者から始めた少量多品種栽培の家庭菜園ブログです。 色々な品種、栽培方法に積極的チャレンジしていきます!

インカのめざめを全部収穫しました!ジャガ芽挿し&肥料袋栽培の結果も。

インカのめざめを全部収穫しました!ジャガ芽挿し&肥料袋栽培の結果も。

今回の概要

インカのめざめが急に枯れてきたこともあり、昨日急遽インカのめざめを全部収穫することにしました!インカのめざめも超浅植えマルチ栽培と通常栽培を行っていましたが、収量は大差ないという結果でした。やはり小芋が多かったのですが、インカのめざめの品種の特性上、どうやら仕方がないようです。

また、ジャガ芽挿し栽培も一部収穫してみましたが、食べられるイモが何個か付いており、希少なインカのめざめを芽かきした芽で増やせるというのは非常に良いと感じました!肥料袋栽培も収穫し、そこそこ収穫できましたが、小さなイモが多い結果でした。

今年は、インカのめざめの休眠期間が非常に短い特性を生かして、秋植えにもチャレンジする予定にしています!

インカのめざめ収穫(超浅植えマルチ栽培)

インカのめざめ収穫(超浅植えマルチ栽培)

今回の内容

インカのめざめを全部収穫しました!

 どうも、よっしーです!

昨日は、急遽インカのめざめを全部収穫しました!

枯れ始めてきたということと、インカのめざめは取り遅れると土の中で芽が出てしまうこともあるそうなので、一気に収穫してしまうことに決めました!

 

さて、早速収穫時の状況です。

まずは、超浅植えマルチ栽培です。以下が収穫前の状況です。手前2株がインカのめざめです。

インカのめざめ収穫前(マルチ栽培)

インカのめざめ収穫前(マルチ栽培)

マルチを剥がした状況です。イモが何個か見えていますね。

雨降りが続いていても比較的に土は乾いています。

インカのめざめ収穫前(マルチを剥がしたところ)

インカのめざめ収穫前(マルチを剥がしたところ)

収穫後はこんな感じです。収量はそこそこといったところですが、やはりインカのめざめは小芋が多いですね。

インカのめざめ収穫(マルチ栽培)

インカのめざめ収穫(マルチ栽培)

 

お次は、通常栽培です。こちらも2株収穫しました!やはり土はちょっと湿っていますね。収量はほぼ同じくらいに感じます。

インカのめざめ収穫(通常栽培)

インカのめざめ収穫(通常栽培)

 

インカのめざめ収穫(通常栽培)その2

インカのめざめ収穫(通常栽培)その2

 

超浅植えマルチ栽培と通常栽培2つを合わせるとこんな感じの収量となりました!

右が超浅植えマルチ栽培、左が通常栽培。真ん中が小芋達を合わせたものです。

インカのめざめ収穫(合計)

インカのめざめ収穫(合計)

 

収穫したインカのめざめを使って、『ズッキーニとインカのめざめのグラタン』を食べました!インカのめざめは味が濃厚なので、グラタンになってもホワイトソースやチーズに負けじと良い味出してました!

ズッキーニとインカのめざめのグラタン

ズッキーニとインカのめざめのグラタン

 

インカのめざめジャガ芽挿し栽培の結果

インカのめざめについては、ジャガ芽挿し栽培の方も枯れてきたため、こちらも枯れてきたものを昨日収穫してみました!

以下が収穫前の状況です。

インカのめざめジャガ芽挿し栽培(収穫前)

インカのめざめジャガ芽挿し栽培(収穫前)

小さめではありますが、ちゃんと食べられるサイズのジャガイモも出来ていました!

インカのめざめジャガ芽挿し栽培(収穫後)

インカのめざめジャガ芽挿し栽培(収穫後)

希少なインカのめざめなので、芽かきした芽からこれだけ採れてくれると嬉しいですね。土寄せも不要なので、ジャガ芽挿し栽培おすすめです!

まだ、少しだけジャガ芽挿し栽培は残っているものがあるので、また枯れてきたら収穫したいと思います!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 北海道産 じゃがインカのめざめM〜Lの込サイズ 5kg
価格:2980円(税込、送料無料) (2020/6/29時点)

楽天で購入

 

インカのめざめ肥料袋栽培の結果

そして、今日帰ってきてから、インカのめざめの肥料袋栽培の方も収穫してみました!

こちらは、まだあまり枯れていませんね。株は思ったよりも立派に成長しました。

インカのめざめ肥料袋栽培(収穫前)

インカのめざめ肥料袋栽培(収穫前)

肥料袋から出すとこんな状態です。イモは半分よりも上に付いていました。

インカのめざめ肥料袋栽培(肥料袋から出したところ)

インカのめざめ肥料袋栽培(肥料袋から出したところ)

こちらが収穫後となります。(写真ぶれててすいません)

インカのめざめ肥料袋栽培(収穫後)

インカのめざめ肥料袋栽培(収穫後)

肥料袋栽培は、インカのめざめの中でも小さすぎて余った種イモ2個を植えたものなので、畑で採れたイモよりもさらに小さいですが、致し方ありません。そこを加味すると悪い結果ではないかなと思うことにします。

ただ、インカのめざめは肥料袋栽培向きではないかもしれませんね。

 

インカのめざめ栽培の総括

インカのめざめは、まだジャガ芽挿し栽培が少しだけ残っていますが一応一区切りということで総括したいと思います。

 

インカのめざめについては、今回初挑戦でしたが、病気にもならず無事に収穫を迎えることができました。

品種の特性上、イモが小ぶりであることはどうやら仕方がないようですが、収穫は他のジャガイモよりも早い極早生なので、他のジャガイモに先駆けて収穫でき、収穫期をずらすことができるという意味でもおすすめです!

 

あとは、なんと言っても、食べると美味しく、味が濃厚で他とはちょっと違ったプレミア感があります。田舎のスーパーではめったにお目にかかれない品種なので、家庭菜園で栽培する価値が高いジャガイモだと感じました!

 

超浅植えマルチ栽培と通常栽培の比較では、収量的には大差が無く、初期はマルチ栽培が生育は早いですが、最終的な収穫時期は、あまり差が無いように感じました。

あとは、好みのもんだかもしれませんが、個人的には超浅植えマルチ栽培の方が初期生育が早くて安心できる点と、雨が続いても土がある程度乾いた状態を維持できるので、梅雨時期でも安心感はあると感じました。

 

 

インカのめざめについては、休眠期間が非常に短いという事で、今年は秋植えにも挑戦しますので、その状況も随時記事にしていきたいと思います!

 

-->
-->