よっしーの少量多品種で楽しむ家庭菜園

初心者から始めた少量多品種栽培の家庭菜園ブログです。 色々な品種、栽培方法に積極的チャレンジしていきます!

じゃがいもの収穫がほぼ完了しました!カルビーのぽろしりが驚きの大きさ!

じゃがいもの収穫がほぼ完了しました!

どうも、よっしーです!

ここ最近、天気が良く暑い日が続いており、家庭菜園の野菜たちも一気に成長を見せています。

特にウリ科の成長スピードが一気に上がってきたような気がしています。

 

今日は、仕事が休みだったため、午前中にじゃがいもの収穫を終わらせてしまおうと思い、頑張って収穫しました!

 

ピルカの収穫

まずは、ピルカの収穫です。

ピルカは今年初挑戦の品種でしたが、インカのめざめやシャドークイーンに比べて発芽が遅く、また半分に切って植えた種イモで芽が出てこなかったものもありました。

 

ピルカは芽の数が少なく、浅いという特徴があり、調理には向いているのですが栽培にとっては芽が取れやすく、数が少ないので半分に切って植えた場合、あたりが悪いと芽が出てこない可能性もあるのかなと思っています。

 

手ごろなサイズの種イモがあれば、1個丸ごと植えた方が良いかもしれませんね。

 

収穫前の状況ですが以下の写真の左側の方の畝となります。

ピルカの畝

ピルカの畝

ピルカは卵型をしており、大きなサイズのイモも結構収穫できる印象です。

ピルカの収穫

ピルカの収穫

収穫したピルカ

収穫したピルカ

ピルカで1つ気になるのが、そうか病のような症状が見えるイモがやや多めな気がしましたので調べてみたところ、ピルカはそうか病耐性は弱いようです。

 

実はじゃがいもの畝は毎年同じ場所でここ4年間1回も変えていません。来年さらにそうか病の症状が広がるようなら、その次は場所変更も考えたいと思います。

 

ちなみに、ピルカは味もとても美味しいので気になる方は是非お試しください↓


 

シャドークイーン

お次のシャドークイーンは、私のお気に入り品種です。理由としては、収量が安定していること、病気が発生せずきれいなイモが採れることです。さらに見た目が映えて、アントシアニンによる抗酸化作用もあるので良いことずくめです。

 

シャドークイーンは試し掘りしながら、少しずつ収穫していましたが、やはり晩成型なのでしっかり株が枯れてきてから収穫した方がサイズ感は大きなものが収穫出来ます。

以下の写真の右側が収穫前のシャドークイーンの畝です。ちなみに左がぽろしりの畝です。シャドークイーンは他に比べて株がかなり大きくなるのも特徴だと思います。

シャドークイーンの畝

シャドークイーンの畝

シャドークイーンの収穫

シャドークイーンの収穫

 

中まできれいな紫色が特徴のシャドークイーンアントシアニンがブルーベリーより豊富という、健康志向の方にもうれしいじゃがいもです↓


 

 

ちなみに、キタアカリも収穫しましたが、ここでは割愛します。

 

カルビーのぽろしりが驚きの大きさ!

さて、ピルカの他に今年初挑戦したのが、カルビーで品種開発したポテトチップス専用の品種「ぽろしり」です!

ちなみに、ホームセンターで購入した小さな種イモ2個だけを植え付けましたが、1個は植え付け当初におそらく鳥につつかれて一部欠けた状態になってしまい、生育が遅れてしまいましたが、現在無事に復活してくれました(前の写真のぽろしりの畝の手前側の株)。

ぽろしりの種イモ

ぽろしりの種イモ

 

以下が収穫したぽろしりの株となります。ぱっと見で小さい気がしますよね?

収穫したぽろしりの株

収穫したぽろしりの株

期待しないで掘り上げてみると、なんとかなり大きなイモが付いていました!イモもきれいな見た目をしています。

ぽろしりの収穫

ぽろしりの収穫

ちなみに、上の写真で一番手前に見えるイモが一番大きかったのですが、計量してみると1個で324gでした!

ぽろしりの計量

ぽろしりの計量

初挑戦のぽろしりでしたが、株の大きさの割に大きなイモが採れたのでかなり驚きました!もう1株は当初に一部欠損してしまったので、イモが無事に出来ているか心配ですが、どうなるかちょっと楽しみです!

 

ぽろしりはいつものフライドポテトではなく、ポテトチップにしてもらう予定ですが、今から食べるのが楽しみです!