よっしーの少量多品種で楽しむ家庭菜園

初心者から始めた少量多品種栽培の家庭菜園ブログです。 色々な品種、栽培方法に積極的チャレンジしていきます!

二年目秋以降の家庭菜園まとめ

 

二年目秋以降の家庭菜園まとめ

 

どうも、よっしーです!

 

さて、昨年までの振り返りの最後となりますが、

二年目秋以降のまとめです。

 

 

二年目秋以降ですが、簡単にまとめると『失敗』となります。

 

私の住む地域は、降雪地帯であるため、外で土いじりができるのは、

11月までとなります。

 

そのため、秋以降に植える作物には、以下の2種類があります。

① 11月までで収穫可能な作物

② 越冬させ、翌年収穫する作物 

 

①としては、大根、ニンジン、白菜、春菊などがあります。

 

②としては、ニンニク、玉ねぎ、イチゴなどがあります。

 

 

『失敗』したのは主に①となります。

大根、ニンジン、白菜、そして春菊までもうまくいきませんでした。

その原因としては、以下のことが挙げられます。

・ 夏までの野菜をなかなか切り上げられず、スタートが遅れたこと。

・ スタートが遅れたことにより土づくりも丁寧にできなかったこと。

・ 畑の管理が大変となり、家の庭と両方が中途半端になってしまった。

・ 害虫対策ができず、アブラナ科や葉物野菜がことごとく食害にあってしまった。

 

一番、大きいのはスタートが遅れたことだと思います。

それが、ことごとく悪い結果につながっていってしまったと感じています。

害虫対策は、今年はもう少し頑張ろうと思います。

少なくとも庭の方はもっと丁寧に対策をして、きっちり収穫できるようにしたいと

思います。

 

秋以降のスタートを早めるために、

今年の目標は、『春からのスタートを早める』ことにします!

 

 

②については、ニンニクと玉ねぎは秋に植え付けし、

見たところ、おおむね無事に越冬できたようです。

 

イチゴは、庭で繁殖した一部を畑の方にも移植したのですが、ほぼ全滅でした!

今春に庭の別の場所に移植することにします。

 

②の越冬作物で、もう一つ植えた作物があります。

それは、『ソラマメ』です。

どうしても、夏にビールと一緒に食べたくて植えました!

越冬させるのですが、特にビニールなどせず、そのまま雪の下です。

 

雪が溶けて様子を見たところ・・・

8割~9割が枯れてしまいました。

ただ、一部生き残りがいるので、なんとか収穫まで漕ぎつけたいです。

(今春に、春植えソラマメもチャレンジすることにしました) 

 

 

さて、二年目は、畑を開墾し、一気に作付け面積が広がりました。

そして、楽しい反面、管理がものすごく大変になりました。

三年目は、二年間の反省を生かし、さらなるレベルアップができるように、

チャレンジしていきます!

 

 

 

-->
-->