よっしーの少量多品種で楽しむ家庭菜園

初心者から始めた少量多品種栽培の家庭菜園ブログです。 色々な品種、栽培方法に積極的チャレンジしていきます!

ミニトマトが収穫時期に入りました!瀕死の状態から奇跡の復活

ミニトマトが収穫時期に入りました!

どうも、よっしーです!

今週あたりからミニトマトが収穫時期に入りました。昨年はミニトマトもいまいちの出来だったので、無事に収獲時期を迎えられて本当にうれしい限りです!

 

ミニトマトだけじゃなく、その他の夏野菜達も徐々に収穫が本格化してきています。

以下の写真は、仕事から帰ってきてから収穫した今日の成果です。

コリンキー、ズッキーニ、きゅうりはコンスタントに収穫出来ています。

また、今季初収穫として、ピーマン、伏見とうがらし、オクラをゲットしました!

本日の収穫

本日の収穫

ミニトマトは、味も上々で、子どもが特に喜んで食べてくれています!自分も採れたてを外の水道で洗って食べていますが。

 

現在のミニトマトの株は以下のようになっています。実がたくさんついてくれています。

現在のミニトマトの株

現在のミニトマトの株

ただ、全体を見てみると以下のようになっています(上の写真の数日前)

現在のミニトマトの株の全景

現在のミニトマトの株の全景

なんか、どうなっているのか良くわからない状態ですよね。

本当は、当初1本仕立てにする予定だったのですが、こんな状態になっているのには、ちょっと訳があります。

 

一度、瀕死の状態になったミニトマトが見事に復活!

さて、タイトルにもありますが、今年の5月頃にミニトマト、中玉トマトの両方が瀕死の状態になっています。

下の写真はその時の株全体の状態です。ちょっとわかりにくいと思いますので、葉の拡大写真も載せます。

瀕死の状態のミニトマト

瀕死の状態のミニトマト

こんな感じで、葉が茶色~黒色に変色しており、株全体に症状が広がっていました。

しかも中玉トマトや大玉トマトの株も同様の症状が出ていました。

瀕死の状態のミニトマトの葉

瀕死の状態のミニトマトの葉

以前、5月の連休過ぎに季節外れの冷え込みがあった際に同様の症状が出ていましたが、今年はそこまで異常な冷え込みにはなっていなかったのですが、症状は似ています。

その時に取った対策が、症状が出ている葉を全て落としてしまうという作戦です。

トマトは生命力が強いため、葉を落としても脇芽が生えてきてくれると思い、葉の代わりに脇芽に光合成を頑張ってもらおうと考えました。

 

とりあえず、症状が出ている葉を全て落とした状況が以下のとおりです。

瀕死の状態のミニトマトの葉を落とした後

瀕死の状態のミニトマトの葉を落とした後

非常に殺風景な状態になってしまいましたが、ここから何とか復活して欲しいと願っていました。

 

そこから、2週間ほど経過した6月上旬には以下の状態まで復活しました!

葉には上のような症状は一切見られていません。株の下の方から生えてきている脇芽は基本的に伸ばしましたので、広がり放題になっていますが見事に復活しました!

 

結果的には、伸ばした脇芽にもたくさん花が咲いて、実もたくさんなってくれているので1本仕立てに下よりも豊作になってくれそうです。

 

ただ、以前は8月頃に青枯れ病が発生したりとトマトには結構苦戦しているため、油断はできませんが。

 

ちなみに、中玉トマトも同様に復活してくれていて、3つほど収穫出来ています。

活した中玉トマト

復活した中玉トマト

それにしても、やはり冷害だったのでしょうか。他の病気であれば、逆になかなか完全復活とはいかなかったと思います。いずれにしても、無事に復活してくれて何よりです。

 







 

じゃがいもの収穫がほぼ完了しました!カルビーのぽろしりが驚きの大きさ!

じゃがいもの収穫がほぼ完了しました!

どうも、よっしーです!

ここ最近、天気が良く暑い日が続いており、家庭菜園の野菜たちも一気に成長を見せています。

特にウリ科の成長スピードが一気に上がってきたような気がしています。

 

今日は、仕事が休みだったため、午前中にじゃがいもの収穫を終わらせてしまおうと思い、頑張って収穫しました!

 

ピルカの収穫

まずは、ピルカの収穫です。

ピルカは今年初挑戦の品種でしたが、インカのめざめやシャドークイーンに比べて発芽が遅く、また半分に切って植えた種イモで芽が出てこなかったものもありました。

 

ピルカは芽の数が少なく、浅いという特徴があり、調理には向いているのですが栽培にとっては芽が取れやすく、数が少ないので半分に切って植えた場合、あたりが悪いと芽が出てこない可能性もあるのかなと思っています。

 

手ごろなサイズの種イモがあれば、1個丸ごと植えた方が良いかもしれませんね。

 

収穫前の状況ですが以下の写真の左側の方の畝となります。

ピルカの畝

ピルカの畝

ピルカは卵型をしており、大きなサイズのイモも結構収穫できる印象です。

ピルカの収穫

ピルカの収穫

収穫したピルカ

収穫したピルカ

ピルカで1つ気になるのが、そうか病のような症状が見えるイモがやや多めな気がしましたので調べてみたところ、ピルカはそうか病耐性は弱いようです。

 

実はじゃがいもの畝は毎年同じ場所でここ4年間1回も変えていません。来年さらにそうか病の症状が広がるようなら、その次は場所変更も考えたいと思います。

 

ちなみに、ピルカは味もとても美味しいので気になる方は是非お試しください↓


 

シャドークイーン

お次のシャドークイーンは、私のお気に入り品種です。理由としては、収量が安定していること、病気が発生せずきれいなイモが採れることです。さらに見た目が映えて、アントシアニンによる抗酸化作用もあるので良いことずくめです。

 

シャドークイーンは試し掘りしながら、少しずつ収穫していましたが、やはり晩成型なのでしっかり株が枯れてきてから収穫した方がサイズ感は大きなものが収穫出来ます。

以下の写真の右側が収穫前のシャドークイーンの畝です。ちなみに左がぽろしりの畝です。シャドークイーンは他に比べて株がかなり大きくなるのも特徴だと思います。

シャドークイーンの畝

シャドークイーンの畝

シャドークイーンの収穫

シャドークイーンの収穫

 

中まできれいな紫色が特徴のシャドークイーンアントシアニンがブルーベリーより豊富という、健康志向の方にもうれしいじゃがいもです↓


 

 

ちなみに、キタアカリも収穫しましたが、ここでは割愛します。

 

カルビーのぽろしりが驚きの大きさ!

さて、ピルカの他に今年初挑戦したのが、カルビーで品種開発したポテトチップス専用の品種「ぽろしり」です!

ちなみに、ホームセンターで購入した小さな種イモ2個だけを植え付けましたが、1個は植え付け当初におそらく鳥につつかれて一部欠けた状態になってしまい、生育が遅れてしまいましたが、現在無事に復活してくれました(前の写真のぽろしりの畝の手前側の株)。

ぽろしりの種イモ

ぽろしりの種イモ

 

以下が収穫したぽろしりの株となります。ぱっと見で小さい気がしますよね?

収穫したぽろしりの株

収穫したぽろしりの株

期待しないで掘り上げてみると、なんとかなり大きなイモが付いていました!イモもきれいな見た目をしています。

ぽろしりの収穫

ぽろしりの収穫

ちなみに、上の写真で一番手前に見えるイモが一番大きかったのですが、計量してみると1個で324gでした!

ぽろしりの計量

ぽろしりの計量

初挑戦のぽろしりでしたが、株の大きさの割に大きなイモが採れたのでかなり驚きました!もう1株は当初に一部欠損してしまったので、イモが無事に出来ているか心配ですが、どうなるかちょっと楽しみです!

 

ぽろしりはいつものフライドポテトではなく、ポテトチップにしてもらう予定ですが、今から食べるのが楽しみです!

 

今年の家庭菜園の6月までの経過報告。何だかんだで70品種越えました!

今年の家庭菜園の6月までの経過報告。

どうも、よっしーです!

6月が終わったということで、6月末までの家庭菜園の状況を一度まとめたいと思います。

少しでも収穫までたどり着いた品種は「収穫済み」としています。

ナス科

まずは、ナス科です。家庭菜園で栽培する野菜の中ではやはりナス科は多いですね!

 

〇 じゃがいも

・インカのめざめ(収穫済み)

シャドークイーン(収穫済み)

・ピルカ(収穫済み)

アンデスレッド(収穫済み)

・キタアカリ

・ポロシリ

 

ミニトマト(収穫済み)※今日初収穫しました!

・中玉トマト

 

・ピーマン

・パプリカ

伏見とうがらし

万願寺とうがらし

・トウガラシ(鷹の爪)

 

・ナス

ペピーノ

 

ペピーノは、まともに収穫出来たことが無いので、今年こそ満足のいく収穫を目指したいです。

ペピーノの蕾

ペピーノの蕾

 

豆科

・絹サヤ(収穫済み)

スナップエンドウ(収穫済み)

グリーンピース(収穫済み)

空豆(収穫済み)※今日初収穫!

・枝豆

 

マメ科の反省点として、絹サヤ、スナップエンドウグリーンピースの目印が途中で無くなってしまい、どれがどれだかわからなくなってしまったことですね。早く収穫すればどれも絹サヤのような感じで、遅くなればグリーンピースのようになってしまいます。

 

ウリ科

ウリ科もナス科に匹敵する種類があります。今年初挑戦のコリンキーを無事に収獲できたのがうれしいです。

・きゅうり(収穫済み)

・ズッキーニ(収穫済み)

・コリンキー(収穫済み)

・かぼちゃ

・小玉スイカ

・大玉スイカ

・タカミメロン

プリンスメロン

・夕顔

・姫トウガン

 

夕顔、姫トウガンも初挑戦なので、無事に収獲までたどり着きたいところです。

 

今日収穫したズッキーニとコリンキー

今日収穫したズッキーニとコリンキー

 

ネギ科(ヒガンバナ科

・長ネギ(収穫済み)※昨年度からの持越し

・玉ねぎ(収穫済み)

・紫玉ねぎ(収穫済み)

・ニンニク(収穫済み)

・ニラ

・九条ネギ

 

ニラはもうそろそろ収穫出来そうです。九条ネギはもうちょっと育てば、間引きも兼ねて葉ネギとして薬味に使っていきたいと思います。

 

さつまいも

今年はさつまいもに力を入れて、5品種植え付けを行っています。昨年度があまり出来が良くなかったので、今年は大豊作を狙いたいところです。

 

・紅あずま

・紅はるか

・安納芋

・パープルスイート

・紅きらら

 

今のところ順調なサツマイモ

今のところ順調なサツマイモ

 

その他(ハーブ以外)

・ほうれん草(収穫済み)

・アスパラ(収穫済み)

シュンギク(収穫済み)

ロメインレタス(収穫済み)

コールラビ(収穫済み)

・スープセロリ

・ビーツ

・トウモロコシ

・菊芋

・里芋

・オクラ

ミョウガ

・イチゴ(収穫済み)

・ブルーベリー

・シャインマスカット

・巨峰

 

この中でちょっと心配なのが、オクラとビーツです。特にオクラは生育が思わしくないです。ビーツは、植え付けが遅れてしまったのでまだまだ収穫出来そうにありません。

植え付けが遅れたビーツ

植え付けが遅れたビーツ

 

 

ハーブ類

今年はハーブにも力を入れていますが、マメに使えていないところが反省です。

 

ローリエ(収穫済み)

イタリアンパセリ(収穫済み)

ルッコラ(収穫済み)

レモンバーム(収穫済み)

レモンバーベナ(収穫済み)

スペアミント(収穫済み)

ステビア(収穫済み)

カモミール(収穫済み)

オレガノ

・コモンタイム

・コモンセージ

ローズマリー

・ボリジ(開花)

・バジル

フェンネル

・カレープラント

コリアンダーパクチー

レモングラス

 

レモングラスについては、枯れかけの苗が50円で売っていたのでダメかなと思ったのですが、今ではしっかり葉が伸びてきてくれています。もうそろそろ一度収穫しようかと思っています。

 

れかけから育ったレモングラス

枯れかけから育ったレモングラス

 

その他

・アボカド(種から育てた苗木)

・タラノ木(苗を購入)

 

ようやく新芽が伸びてきたタラノ木

ようやく新芽が伸びてきたタラノ木

 

以上、数え間違いじゃなければ77品種かなと思います。

 

さて、今後の予定ですが、夏~秋作としては、大根、ニンジン、カブあたりをそれぞれ何品種か植えようかなと考えています。最終的には90品種弱になる想定です。収穫までたどり着けないものもあると思いますが、頑張って育てたいと思います!