よっしーの少量多品種で楽しむ家庭菜園

初心者から始めた少量多品種栽培の家庭菜園ブログです。 色々な品種、栽培方法に積極的チャレンジしていきます!

ジャガイモの試し掘り1回目の結果。ジャガ芽挿し栽培はどんな状況か?

ジャガイモの試し掘り1回目の結果。ジャガ芽挿し栽培はどんな状況か?

今回の概要

先週の土曜日にジャガイモの試し掘り(1回目、キタアカリ)をやってみました!植え付けをしてから11週経過となりますが、超浅植えマルチ栽培では、約450g、通常栽培では、320gの収量となりました。かなりの早取りなので、収量は少なめですが、きれいでおいしそうなジャガイモが収穫できました!

それと、5/9に植え付けをした、ジャガイモの芽かきをした芽を土に挿した、『ジャガ芽挿し栽培』も今日試しに掘り上げてみました。こちらは、根がしっかりと張っており、小さなイモも確認できました。収穫は種イモから栽培した方の収穫が終わってからになりそうですが、ジャガ芽からもそれなりにジャガイモが収穫できそうな感じがしました!

ジャガイモの試し掘り1回目の状況

ジャガイモの試し掘り1回目の状況

 

今回の内容

 

ジャガイモの試し掘り1回目の結果

ジャガイモの試し掘り(1回目)をやってみました!

どうも、よっしーです!

先週の土曜日にジャガイモの試し掘りの1回目をやってみました!

 

今年は畑を開拓して2年目だったことと、雪が少なかったこともあり、ジャガイモの植え付け1回目を行ったのは、3/28でしたので、ちょうど11週経過の77日目での試し掘りとなりました。

 

最初に植え付けを行ったのは、キタアカリがメインで、あとはメークインノーザンルビーも少々植え付けていました。キタアカリについては、通常栽培と超浅植えマルチ栽培の2パターンで栽培していましたので、どちらも1株ずつ試し掘りして比較してみました。

 

試し掘り前の状況は以下のとおりです。

まだ、葉っぱがほとんど枯れていないため、かなり早い段階となります。

ジャガイモの試し掘り前の状況

ジャガイモの試し掘り前の状況

今回は、奥側から1株ずつ試し掘りしました。

 

まずは、超浅植えマルチ栽培です。

超浅植えマルチ栽培の試し掘り

超浅植えマルチ栽培の試し掘り

マルチをはがすとこんな感じになっていました!(少しだけ引き上げています)

イモはそこそこ大きくなってきていましたが、まだ育っていないイモも結構ありました。そして緑化は、全くしていませんでした!(右側が種いもです)

超浅植えマルチ栽培の試し掘り(マルチはがしたところ)

超浅植えマルチ栽培の試し掘り(マルチはがしたところ)

ジャガイモを掘り上げるとこんな感じでした。

まだ下にもそこそこ大きなジャガイモが隠れていました!

早取りだったためか、どれも表面もきれいな状態でした。

超浅植えマルチ栽培の試し掘り(堀上げ後)

超浅植えマルチ栽培の試し掘り(堀上げ後)

 

お次は、通常栽培の方です。堀上げ前の状況です。

通常栽培の試し掘り(堀上げ前)

通常栽培の試し掘り(堀上げ前)

お次は、堀上げ後の状況です。こちらも数的には遜色なく、きれいなジャガイモが収穫できました。1つ1つの大きさは少し小さめです。(超浅植えマルチ栽培よりも生育が遅いので仕方ありません)

通常栽培の試し掘り(堀上げ後)

通常栽培の試し掘り(堀上げ後)

印象としては、どちらもちょっと早めではありますが、きれいでおいしそうなジャガイモが収穫できました!

それと、土の状態はどちらも良い感じで団粒が出来ていました。開拓2年目にして土の状態はかなり良くなってきています。

 

おまけで、一番育ちが悪かったノーザンルビーも1株収穫してみました。

ノーザンルビー収穫前

ノーザンルビー収穫前

収穫したジャガイモです。小さめですが、ちゃんとイモができていました。

アップした写真は、サツマイモに見えてしまいますね。

生育が悪かったノーザンルビーの収穫

生育が悪かったノーザンルビーの収穫

 

試し掘り1回目の結果(重量測定)

一応、比較のため、試し掘りした超浅植えマルチ栽培と通常栽培の重量を測定しました!

まずは、超浅植えマルチ栽培です。

超浅植えマルチ栽培試し掘り1回目重量測定

超浅植えマルチ栽培試し掘り1回目重量測定

超浅植えマルチ栽培試し掘り1回目重量測定

超浅植えマルチ栽培試し掘り1回目重量測定

トレーの重さを100g差し引いて、約450gでした。

 

 

お次は、通常栽培です。

通常栽培試し掘り1回目の重量測定

通常栽培試し掘り1回目の重量測定

通常栽培試し掘り1回目の重量測定結果

通常栽培試し掘り1回目の重量測定結果

こちらもトレーの重さ100gを差し引いて、約320gでした。

 

試し掘り1回目の結果としては、超浅植えマルチ栽培が130gほど収量が多くなりました。

ただ、これは、生育速度が超浅植えマルチ栽培の方が早いためなので、通常栽培の方が収量が悪いというわけではありません。

 

同時に植え付けても、超浅植えマルチ栽培と通常栽培を併用すると、収穫時期をずらすことはできそうですね!

 

ジャガ芽挿し栽培の状況?どのくらいイモは成長しているのか?

さて、お次はジャガイモの芽かきをした際に取った芽をそのまま植えるジャガ芽挿し栽培の状況です(今日確認した状況です)。

ちなみにジャガ芽挿し栽培は5/9に植え付けをしていますので、今日で植え付けをしてから39日目となります。

 

ジャガ芽挿し栽培は過去の記事にも掲載しています。 

yossinoen.info

 

確認したジャガ芽挿し栽培中のシャドークイーンです!

だいぶ立派に成長しました。

ジャガ芽挿し栽培の試し掘り

ジャガ芽挿し栽培の試し掘り

そっと引き上げました。小さなイモが少し見えています。

ジャガ芽挿し栽培中のシャドークイーン試し掘り

ジャガ芽挿し栽培中のシャドークイーン試し掘り

ジャガ芽挿し栽培中のシャドークイーン試し掘り

ジャガ芽挿し栽培中のシャドークイーン試し掘り

こちらは、さすがにまだまだですね。通常栽培の方が一通り収穫が終わって、枯れてきてから収穫になりそうですね。掘り上げた株はまた土に埋め戻しておきました(^^;)

 

それにしても、ちゃんと根も張り、イモもきちんとできていますね!

1つの芽からなので、イモの数は種いもから栽培するよりは少なくなります。

ただ、株間は半分くらいなので、畝当たりのトータル収量は良い線までいってくれそうな予感がします!

 

家庭菜園におけるジャガイモの試し掘りの楽しみ方について

1回目の試し掘りの成果は以下のような感じとなります。

きれいでおいしそうな新ジャガが収穫できました!早取りなのは、わかっていたのでかなり満足のいく結果です!

ジャガイモの試し掘り1回目の状況

ジャガイモの試し掘り1回目の状況

ちなみに、フライドポテトやみそ汁にして食べました。フライドポテトは、子供はノーザンルビーよりもキタアカリがおいしいようで、大人はノーザンルビーもおいしいとの感想でした。

 

ジャガイモの試し掘りは、ここから何週かにわたって毎週やっていき、最後にまとめて収穫する予定となっています。

どうして、収穫適時にまとめて行わないのかの理由ですが、家庭菜園の場合、まとめて収穫してもまとめて食べ切るのは難しく、家庭菜園ならではの新ジャガのフレッシュな感じを味わえるのは、あまり長い期間ではありません。

なので、新ジャガの採れたてのフレッシュな感じをなるべく長く味わうためにその週で食べられるくらいの試し掘りをして、新鮮なうちに食べることにしています。

 

なによりも成長の様子を毎週くわしく観察できるのも楽しみの一つですが♪

 

ミニ野菜菜園用の種を購入しました!ミニ野菜&カラフルな菜園にしてみよう!

ミニ野菜菜園用の種を購入しました!ミニ野菜&カラフルな菜園にしてみよう!

今回の概要

以前の記事で、ミニ野菜菜園をやってみたいと書きましたが、秋作で挑戦してみることにしました!先ほど、種を購入しましたので紹介したいと思います。

ミニ野菜は、ミニダイコン、ミニニンジン、ミニハクサイ、ミニキャベツを購入しました!

ミニ野菜を探していた時に、カラフルな野菜の種も目に入ってしまい、カラフルなダイコン、ニンジン、キャベツの種も購入してみました。

今年の秋作は、ミニ野菜&カラフルな菜園にしてみようと思います!

 


 

 

今回の内容

 

ミニ野菜菜園用の種を購入しました!

どうも、よっしーです!

昨日の夜は雨が降っていいたため、今日は出勤前に畑の方に寄って、昨日植えた九条ネギの穴底植えの様子を見に行きました。

その時の様子が以下の写真です。ネギがピンとしていますよね。

昨日植えた時はへたっとしている苗が多かったのですが、恵みの雨が効いたのでしょうか。とりあえず大丈夫そうですね。

ちなみに、夕方確認した時は、やはりへたっとしていました。

朝はピンとして、日中へたっとするのでしょうか?しばらく様子を見たいと思います。

一晩明けた九条ネギの穴底植え

一晩明けた九条ネギの穴底植え

 

かわいいだけじゃないミニ野菜の魅力!

さて、今回のテーマは、ミニ野菜です!ミニ野菜という響きがかわいく、癒されそうですが、アラフォーのおっさんが、かわいさと癒しを求めてミニ野菜を栽培するわけではありません(^^;)

 

私が考えるミニ野菜のメリットは以下の3点です。

① 栽培期間が短く、早く収穫できる。

② おいしく食べきれるサイズ。

③ スペースを有効活用でき、混植もしやすい。

 

まず、①の栽培期間が短く、早く収穫できるについてですが、栽培期間が長いほど、病気や害虫などにやられてしまうリスクが高く、もうすぐ収穫だというときに、病気や害虫が蔓延すると本当にがっかりしますよね?また、最近の天候不順も大きなリスクです。

例えば、秋に早すぎる雪や霜など発生するとたちまち被害を受けてしまう可能性もあり得ますし、台風などにあたってしまえば、壊滅的な被害を出す可能があります。

また、私が住んでいる北東北の短い秋を考えると、栽培期間が短く、晩秋を迎える前に収穫できるミニ野菜は非常に魅力的です。

 

次に、②のおいしく食べきれるサイズですが、例えば白菜など大物の野菜については、1つを収穫しても食べきるのに下手したら一週間はかかってしまいます。しかも、白菜のメニューが続くことになります。ミニ白菜であれば、1回で食べきれるサイズなので、食材としても使いやすいと思います。

 

最後の、③スペースを有効活用でき、混植もしやすいについてですが、ミニ野菜は、通常サイズの野菜に比べて、株間を小さくして、密植で栽培可能なので、スペースを有効活用できると思います。また、畝の隙間を見つけて、種を蒔いておくなどの使い方もできそうです。

 

こんな、メリットがあるので、是非ミニ野菜菜園をやってみたいと考えました!

もちろん、かわいい野菜たちに癒されたいという人も多いと思いますので、それぞれいろんな楽しみ方をしてみるのもおすすめです!

 

ミニ野菜の種を購入!

ミニ野菜の種も早ければ、6月下旬~7月上旬ころに種まきや育苗を開始する必要がありますので、今のうちに種を入手しておくことにします。

ただ、ミニ野菜の種はホームセンターに行っても、なかなか揃いそうにもありませんので、ネットショップでまとめて購入しました!購入はいつもの楽天です!

 それで、何にしようか物色を開始!

できれば、同じお店で種を揃えて、送料を節約したいところです。

それで、以下のお店で購入することに決めました。メール便で10袋までまとめて送ってくれます。

 

1つ目は、『バーニャカウダ』。これは、ミニニンジンとミニダイコンが何種類かセットになった種のようです。なんか楽しそうですし、種が多すぎても使いきれませんので、ミニニンジンとミニダイコンがセットになっていてお得感があり、お値段も手ごろだったので、一番に即決しました!本当にバーニャカウダで食べたい。 


 

 

続いて、こちらのミニ白菜の『めだか』です。

名前が気に入りました(^^;) 

耐暑性も強く、40~50日で収穫できるとのこと。1㎏程度の大きさで収穫できるそうです。


 

 

さらに続けて、こちらのミニキャベツの『このみ姫』です。600~800gで収穫出来、定植から40日程度で収穫できるのが魅力です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャベツ 種 【 このみ姫 】 小袋(0.6ml) ( キャベツの種 )
価格:468円(税込、送料別) (2020/6/15時点)

楽天で購入

 

 

 続いては、大根の『おむすびッシュ大根』です。写真の見た目にひかれました!

バーニャカウダが写真では、割とシュッとした形だったので、対照的な形の大根にしてみました!


 

 

ミニ野菜最後は、ミニニンジンの『スイートキャロット』です!

ここまできて、白状しますが、私はニンジンが昔から嫌いです(^^;)

特に煮物は全然ダメです。カレーや炒めたニンジンは割かし大丈夫です。

ただ、生のニンジンは、おいしいニンジンであれば好きなくらいです。

なので、生食用ミニニンジンということで、こちらをチョイスしてみました! 


 

 

ミニ野菜については、秋作はやはり、ニンジン、大根、白菜、キャベツの定番品になってしまいますね。来年は、春作からミニキュウリなどのミニ野菜をやってみようと思います。

 

カラフルな野菜の種も購入してみました!

ミニ野菜の種を探していたら、ちょっとカラフルな野菜の種も目についたので、今年の秋はカラフルな菜園にしてみようと思い、何種類か種を購入しました。

 

まずは、こちらのニンジン『イエロースティックNEO』という黄色いニンジンです! 


 

 

さらに、続けてニンジンですが、『バイオレットハーモニー』という、紫色のニンジンです! 秋のニンジン祭りで、苦手のニンジンを克服できれば良いですが。


 

 

お次は、大根の『味いちばん紫』です。サラダや甘酢漬けがおいしいみたいです! 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大根 種 【味いちばん紫】 50粒 ( 種 野菜 野菜種子 野菜種 )
価格:396円(税込、送料別) (2020/6/15時点)

楽天で購入

 

 

 最後は、キャベツの『キャンディーレッド』です。

 通常のキャベツとはまったく甘さが違うらしいです。食べるのが楽しみですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャンディーレッド(キャベツの種) 小袋 【種子(野菜) 販売】
価格:418円(税込、送料別) (2020/6/15時点)

楽天で購入

 

 

そして、今気づきましたが、紫多いですね(^^;)

紫好きというわけでは無いですが・・・。

 

とりあえず、種が届くのを楽しみに待ちたいと思います♪

 

九条ネギの穴底植えに挑戦!~九条ネギの葉と軟白部分を両方味わいたい~

九条ネギの穴底植えに挑戦!~九条ネギの葉と軟白部分を両方味わいたい~

今回の概要

今日は、家の庭に植えている九条ネギを間引きし、間引きした苗を使って、九条ネギの穴底植えに挑戦してみました!

九条ネギは葉ネギをメインで食べる予定としていますが、軟白部分も是非味わってみたいと思い、今回挑戦することにしました。

穴底植えは通常栽培(土寄せを複数回行って軟白部分を長くする)とは違い、穴を空けて、苗を穴に入れて(植えて)、土寄せはしないという栽培方法です。今回はシルバーマルチを使って穴底植えをしてみましたが、無事に育ってくれるかちょっと心配です。

九条ネギの穴底植え

九条ネギの穴底植え

 

今回の内容

 

九条ネギの間引き。さび病を予防する。

どうも、よっしーです!

今日は、早朝から集落の草刈りがありました。ついでなので、そのあとに家庭菜園の畑も草刈りしたのですが、暑さにちょっとやられてしまい、バテてしまいました(^^;)

 

昼前にちょっと昼寝をしてから、午後から家庭菜園の管理作業をいろいろと4時間ほどやっていたら、またもやバテてしまいました。急な気温上昇はやっぱり体にこたえますね。

 

さて、今日の午後からの作業のメインは『九条ネギ』です。

九条ネギは、そうめんの薬味など葉ネギとして食べるために家の庭の方に1畝(ナス科と混植)植えています。

ここ最近で長さが20㎝以上に成長しているものが増えてきたため、昨年盛大にやられてしまったさび病予防のために、風通しを良くすることを目的に間引きを行いました。

 

間引き前の畝の状態は以下のとおりです。

間引き前の九条ネギの畝

間引き前の九条ネギの畝

 

そして、間引き後が以下のとおりです。

間引き後の九条ネギの畝

間引き後の九条ネギの畝

写真では、ちょっとわかりにくいですが、間引きしたネギはこんな感じです。

結構しっかりめに間引きしています。

間引きした九条ネギ

間引きした九条ネギ

 

間引きした九条ネギで穴底植えに挑戦!

九条ネギ栽培のモチベーション

さて、間引きした九条ネギ。昨年であれば、食べてしまうところですが、今年はちょっと違う使い方をしてみることにしました。

 

今年は、九条ネギの葉ネギだけではなく、軟白部分もしっかり味わってみたい!と考え、白い軟白部分を成長させるために、『ネギの穴底植え』に挑戦してみることにしました!

 

このネギの穴底植えは現代農業4月号に掲載されており、ちょっと興味を持っていました。なぜなら、『土寄せが必要ない』からです。

 

私は少量多品種栽培をしていますが、実は長ネギは栽培していません。一般的な家庭菜園の品目ではありますが、①周辺でたくさん作っている人がいる、②土寄せがめんどくさいという2つの理由があります。

 

ちょっと、話が逸れますが、家庭菜園で少量多品種栽培を行っているモチベーションとして、採れたてを楽しむ、周囲で作っている人が少ない、スーパーであまり売っていない品目・品種を栽培するということがあります。

 

長ネギの場合、北東北ではおなじみの作物であるため、シーズンになると立派なネギがスーパーで購入できますので、家庭菜園でわざわざ栽培するモチベーションがいまいち上がらないというわけです。

 

九条ネギについては、葉ネギの採れたてを薬味にすると本当においしく、香りが最高です!生のネギが食べられない娘でさえ、そうめんの薬味などで喜んで食べてくれます。

この九条ネギであれば、軟白部分も是非味わってみたい!そして、私が住んでいる地域のスーパーではまず売っていないと思いますので、特別感があります。(←この特別感が重要です!)

 

とは言え、土寄せがめんどくさい問題は残ってしまうため、その土寄せが必要無いという、『穴底植え』を試してみることにした訳です。

なんだか、説明がくどくなってしまいすいません(^^;)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イワタニ 菜園防虫シルバーマルチ 0.02mm×95cm×50m
価格:1288円(税込、送料別) (2020/6/14時点)

楽天で購入

 

九条ネギの穴底植えに挑戦!

それでは、簡単に作業を説明していきます。

まず、幅広に整えた畝に、シルバーマルチを張っていきます。

シルバーマルチを張った九条ネギ用の畝

シルバーマルチを張った九条ネギ用の畝

どうして、シルバーマルチかというと、光の反射により害虫予防効果が高いことと、真夏の温度上昇を抑えること(黒マルチでは温度が上がりすぎてしまうことがあるらしい)を目的としていますが、春先に買ったのに、使っていなかったため、使ってみたかったというのも理由です。

 

次に、植穴を空けていきます。今回は、支柱を差し込んでグリグリして穴を空けましたが、ちょっと耕うんが足りなかったのか、思ったよりも深く差し込めませんでした。

シルバーマルチに植穴を空ける

シルバーマルチに植穴を空ける

 

次に九条ネギの根っこを切ってから、穴に入れていきます。

ネギの根っこを切って植えると、新しい根っこがたくさん出るとのことなので、玉ねぎの時も切って植えましたが、賛否両論みたいなので、自己判断でお願いします。

 

九条ネギの根っこを切る

九条ネギの根っこを切る

九条ネギを穴に入れる(植える)

九条ネギを穴に入れる(植える)

九条ネギの苗の植え方は、穴にただ入れているだけです。

あとは根っこの力を信じます。無事に活着してくれ。

 

以下が作業終了時の状況です。奥側がまだ少し空いているので、超密植ミニ菜園に植えている九条ネギもそのうち間引きして植え穴に入れておきたいと思います。

九条ネギの穴底植え完了

九条ネギの穴底植え完了

 

作業をやってみて、ちょっと土が乾燥気味だったせいか、穴を空けても少し崩れてきて、穴が浅くなってしまったりしました。もしかしたら、土に湿り気がある方が作業はしやすいかもしれません。

写真の手前側では、結構葉が地上部に出ていますが、奥側に植えた短い苗は、先端が少し出ているくらいなので、これで無事に育つかはちょっと心配です。

 

ちょうど今、予報通り雨が降っていますが、これが恵みの雨になってくれればいいですね。降りすぎると穴が崩れたり水没してしまうかもしれません(^^;)

 

家庭菜園でアボカドの種からアボカドを育てよう!まずは、アボカドの基本を確認!

家庭菜園でアボカドの種からアボカドを育てよう!まずは、アボカドの基本を確認!

今回の概要

3月から挑戦してきた『食べたアボカドの種からの芽出し』がようやくうまくいくようになってきたため、状況の報告とアボカドの基本を確認したいと思います。

芽出しについては、水槽栽培で芽出しした種(3号)が約二週間ほどで種が割れて根の部分が確認でき、一番早かったです。ただ、土植えも2/2とうまくいきそうなので、管理を考えると土植えが個人的には楽で良いなと思います。

アボカドは実生苗では、結実まで4~6年かかり、実が熟すのも10~15か月かかるということなので、気長な栽培が必要そうです。

最後に植え替えのタイミングですが、あまり明記はされているものが見つかりませんでしたが、根を傷めないようにしないといけないようなので、私は早めに鉢かポットに植え替えることにしようと思います!

水槽栽培でのアボカドの芽出し

水槽栽培でのアボカドの芽出し

 

今回の内容

 

アボカドの芽出しがうまくいきはじめました!

どうも、よっしーです!

今日も、一日暑かった~!そして明日はもっと暑いらしい(^^;)

明日は、午前と夕方から用事が入っているので、家庭菜園の作業は早朝と午後2時間程度の予定です。ちょっと物足りない感じがしますが、仕方ないです。

 

ただ、明日は出来ればジャガイモの試し掘り1回目を行いたいと思います。

超浅植えと通常栽培を比較するために、最初に植えたキタアカリをそれぞれ1株ずつ掘ってみたいと思います。特に超浅植え栽培は初挑戦なので楽しみです♪

 

さて、今日はアボカドについてです。

3月頃から挑戦してきた、『食べたアボカドの種からの芽出し』ですが、ここ最近にきてうまくいき始めたので、その状況報告アボカドの基本について、芽出しの後はどうしたら良いかを確認したいと思います!

 

まず、我が家のアボカドの芽出しの状況一覧です!

 

① 1号 水耕による芽出し

 ⇒ 失敗(約1.5か月で強制終了)

 

② 2号 土植えによる芽出し

 ⇒ 成功?種が割れ芽が見えてきている(54日経過中)

 

③ 3号 水槽栽培による芽出し

 ⇒ 成功?種が割れ、根が種の外に出て、芽も見えている(22日経過中)

 

④ 3号補欠 土植えによる芽出し

 ⇒ 成功?種の底が割れ、根が見え始めている。(22日経過中)

 

⑤ 4号 水槽栽培による芽出し

 ⇒ 5日経過中

 

今のところ、水槽栽培による芽出しが早いです!(かなりひいき目入っています)

水槽栽培は、以下のように水槽にろ過フィルターを付けて、ろ過後水の落ち際に種をセッティングしています。これが良いかどうかはわかりませんが、3号(写真の右側)は2週間くらいで、種に割れ目が入ったと思います。4号がどの程度で芽が出るかで再現性を確認したいと思います。

(もちろん気温の変化の影響も大きいと思っていますが)

水槽栽培中のアボカドの種

水槽栽培中のアボカドの種

 

ちょっと、悔やまれるのは、1号をもっと粘り強く待ってやればよかったと思っています。腐ったりしたわけでは無いので、待てば芽が出たかもしれません。

 

あと、土植えの方は、2個植えて、2個芽が出そうな状況なので、管理を考えれば水の取り換えをしなくても良い土植えは楽でいいかなと個人的には思っています。

土植えの2号(左側)と3号補欠(右側)

土植えの2号(左側)と3号補欠(右側)

 

 

まずは、アボカドの基本を確認。

無事に芽が出そうなのは良いですが、芽出しで終わりではなく、これからアボカドの栽培をしていくことになるため、アボカドについて基本を整理しておきたいと思います。

※参考は、ウィキペディアさんです。

アボカド - Wikipedia

 

・ アボカドは、『クスノキ科ワニナシ属』の植物とのこと。クスノキ科、聞きなれないな~と思っていましたが、4月から育てている『月桂樹(ローリエ)』と同じ科だったんですね!いきなり、親近感が。ちなみに、アボカドの和名が『鰐梨』なので、ワニナシ属のようですね。

 

・ アボカドは中央アメリカ原産の常緑高木で、自然では30m程の高さになることがあるそうです。栽培でも10m程度になることがあるみたいなので、家の中での室内栽培では剪定による高さの調整が必要そうです。

 

・ 熱帯~亜熱帯に生息するため低温に弱いみたいなので、私が住む北東北では、室内や温室栽培が必須ですね。

 

・ 果実の成熟には、10~15か月が必要とのことなので、実が収穫できるまでは長丁場なので、我慢が必要そうです(T_T)ただ、結実年数が実生苗では、4~6年とのことなので、そもそも実を付けるのにも時間がかかりそうです。

 

・ アボカドは1000品種以上あるようですが、日本のスーパーで主に売っているのは世界一の生産国であるメキシコ産の『ハス種』のアボカドのようです。そのため、我が家の芽出ししているアボカドも全てハス種になりますが、ハス種は耐寒性が弱いため、本当は日本の気候には向いていないようです。

 

・ 日本でわずかに栽培されているのは『ベーコン種』、『フォルテ種』で、ベーコン種は比較的耐寒性があり、日本の暖かい地域では栽培が可能なようです。

 

・ アボカドは、一つの花に雌しべと雄しべがあるが、雌しべと雄しべで成熟のタイミングがズレるため簡単には受粉しないそうです。雌しべと雄しべの成熟のパターンが異なる品種(AタイプとBタイプがある)を一緒に植えてあげるのが良さそうですが、どうしようかな。

 

ちなみに、ハス種とベーコン種はAタイプとBタイプなので、良さそうです!

国産のベーコン種のアボカドを食べて、芽出しして育てようという計画にしようかな。

 

 国産は希少であまりスーパーなどではお目にかかれません。

以下から予約注文が出来ますが、品種は選べないみたいです。

ベーコンかフォルテが入ってくるのを期待して注文してみようかな。

(自分へのクリスマスプレゼント(^^;))

 

Bタイプが入ってこなくても、おいしくいただいて、国産のAタイプをまた芽出しすればいいかな。


 

 

 

 

芽出しの後はどうしたら良いか?

最後に、今一番成長しているのが、水槽栽培のアボカドですが、もうそろそろ鉢に移し替えようかと思っています。

 

水耕の場合、あまりタイミングが明記されていませんが、アボカドの根は繊細なようなので、あまり育ってからでは、植え替え時に根を傷めるおそれがありそうなので、私は早めに移してしまおうと思います!

 

明日か明後日に、2号、3号、3号補欠を鉢かポットに植え替えてみたいと思います!

 

 

 

メロンの空中栽培!果物棚の組み立てと途中経過。

メロンの空中栽培!果物棚の組み立てと途中経過。

今回の概要

 今日はまとまった雨があり、畑にとっては恵みの雨となりました。ここ最近の暑いくらいの天候のおかげもあり、元気が無かったスイカやメロンもだいぶ復活してくれています!

今年初挑戦の一つにメロンの空中栽培がありますが、5月末に果物棚を設置し、10日ほど経過し、順調にメロンも生育していますので、途中経過など報告したいと思います!

メロンの空中栽培(果物棚設置後)

メロンの空中栽培(果物棚設置後)

今回の内容

 

メロンの空中栽培用の果物棚の準備!

今年はメロンの空中栽培に初挑戦!

どうも、よっしーです!

今日は、久々にまとまった雨があり、家庭菜園の特に畑の方にとっては、恵みの雨でした!

好天・高温からの雨だったので、元気が無かったスイカやメロンも小づるを伸ばし始めてくれました。

 

さて、今年初挑戦の中の一つに、メロンの空中栽培があります。メロンやスイカは、家の庭では面積を取りすぎるので、昨年は全て畑に植えたのですが、メロンの出来が満足のいくものでは無かったため、今年は水管理などこまめな管理が出来る家の庭でメロンを栽培したいと考えました。

ただ、どうしても面積の問題があったため、果物棚を用意して空中栽培に挑戦することを決めました。

「メロンの空中栽培」なんかかっこよさげな、レベル高そうな響きも気に入ったので、やってみたかったというのも実はあります(^^;

 

メロンの植え付け

メロンの植え付けは、過去の記事でも紹介していましたが、水はけと肥料持ちを良くするために、ふるいにかけ、底の方に大きな団粒、上の方に小さな団粒の土を仕込んでみました。また、黒マルチにより、保温、排水性アップを狙いました。

 

メロンの種類は、「グリーンムーンネット」と「レッドムーンネット」の2種類のネット系にしました。家庭菜園初心者としては、あこがれのネット系です♪

空中栽培用のメロンの植え付け

空中栽培用のメロンの植え付け


 

yossinoen.info

 

メロンの空中栽培用の果物棚の準備

果物棚の購入

メロンの苗がだいぶ育ってきたのを見計らい果物棚を準備しました。

購入したのは、以下の果物棚です!

 


 

 

もうワンサイズ小さいものもありましたが、大は小を兼ねるということで、こちらを購入してみました!DIY能力が低いため、果物棚を購入しましたが、鉄パイプで組んでいる方も結構いますね。

 

果物棚の組み立て

では、組み立てですが、今回購入したものは、ねじ止めなどは無くポールを金具でつないで固定するタイプでした。

外観はこんな感じです。あまり箱は大きくありません。

くだもの棚セット KT-M

くだもの棚セット KT-M

箱の中はこんな感じです。

くだもの棚セット KT-M 箱の中

くだもの棚セット KT-M 箱の中

まず、組になるパイプをはめ込んでいきます。

くだもの棚セット KT-M パイプをはめたところ

くだもの棚セット KT-M パイプをはめたところ

 

次に、棚の上部の部分を組み合わせて、金具で固定していきます。

(浄化槽の上ですいません!)

くだもの棚セット KT-M 棚上部を組み合わせる

くだもの棚セット KT-M 棚上部を組み合わせる

金具はこんな感じ。最初はどうなってんの!?と思いましたが、落ち着いてやれば問題なく固定できます。ただ、不器用なのでちょっとゆがんでしまっています。

くだもの棚セット KT-M 固定金具アップ

くだもの棚セット KT-M 固定金具アップ

あとは、メロンの場所に設置するだけ!

気を付けるポイントとしては、縦のポールを土中に差し込む際に(穴あけ用のポールもセットに入っています)、深さをきちんと合わせた方が良いです!

私のように大雑把にこんな感じでやってしまうと、写真のように少し歪んでしまいます(^^;

これに、補強用のパイプ(上部の斜めのパイプ)を固定して完成です!

くだもの棚をメロンの場所に設置

くだもの棚をメロンの場所に設置

多少のゆがみはあっても、なんとなくそれっぽくなりました!

あとは、誘引用の支柱も設置し、ひもで誘引してみました!

2本の子づるをくだもの棚の別々のパイプに支柱を使って誘引してみました。

メロンの空中栽培。くだもの棚設置後の誘引

メロンの空中栽培。くだもの棚設置後の誘引

 

メロン空中栽培の途中経過

ちなみに、上の写真の果物棚を設置したのが5/31なので、現在は10日ちょっと経過したところです。

昨日(6/10)時点では、ここまで子づるが伸びてきました!

メロンの空中栽培中のレッドムーンネット6/10

メロンの空中栽培中のレッドムーンネット6/10

支柱と果物棚のパイプにツルが巻き付いています!

メロンの空中栽培中のレッドムーンネット6/10

メロンの空中栽培中のレッドムーンネット6/10

 

今のところ、レッドムーンネットは順調に生育してくれています。

調子が悪かったグリーンムーンネットもここ最近の天候でかなり回復してくれた様子です。

せっかく購入した果物棚で無事においしいメロンが収穫できるようにまだまだ気を抜かず頑張りたいと思います!

 

ルッコラのとう立ち。ルッコラのおひたしと菜の花?を食べてみました!

ルッコラとう立ちルッコラのおひたしと菜の花?を食べてみました!

今回の概要

今年初挑戦のルッコラ。早取りをサラダで食べた時は、ごまの風味とピリ辛な感じがとってもおいしかったのですが、育ちすぎた状態のルッコラを生で食べてみると私はちょっと苦手な感じでした。

でも、加熱すると育ちすぎたルッコラもおいしく食べられるとのことなので、おひたしにして食べてみました。辛みは全く無くなり、ごまの風味もほとんど無くなってしまいましたが、個人的にはしゃきしゃきしたほうれん草のようでおいしかったです!

また、とう立ちしたルッコラの菜の花も食べてみましたが、こちらも意外においしく食べることが出来ました!ルッコラは早取りでサラダ、ちょっと育ちすぎたら加熱して食べるとおいしく楽しむことができるとわかりました!

とう立ちしたルッコラをおひたしに

とう立ちしたルッコラをおひたしに

 

今回の内容

 

家庭菜園で初挑戦のルッコラ。そして、とう立ち

どうも、よっしーです!

昨日、今日と連続の真夏日でした。暑い暑い💦

でも、夏野菜にとっては、どうやら良かったようで、ぐんぐん成長を見せています。

そして、害虫や雑草も元気いっぱいに。週末頑張らなくては。

 

さて、今年、家庭菜園で初挑戦した品目の一つにルッコラがあります。

ごまの風味で、ちょっとピリ辛な大人のおしゃれ野菜です。

 

そんな、ルッコラですが、アブラナ科の野菜なので、ご多分に漏れずこんな状態に。

ルッコラのとう立ち

ルッコラとう立ち

はい、とう立ちです。

ただ、やっぱり他のアブラナ科の菜の花とはちょっと違うたたずまいですね。

 

ルッコラは初挑戦だったので、実は収穫適時がいつなのかしっかり把握していませんでした。失態です(T_T)

 

そして、調べてみると、ルッコラは育ちすぎると葉が固くなり、辛みも増すようで、サラダなど生食で食べる場合は、早採りの方が良いとのこと。

 

とは言え、生で一応食べてみよう!と思い、一昨日ドレッシングをかけて食べてみたのですが、自分はちょっと苦手な感じでした。この前食べた早採りのルッコラの方が断然おいしかったです。

 

ただ、ルッコラは、育苗して余った苗を色んな畝の隙間に植えたため、まだ収穫していないものがそこそこ残っています。さてどうしたものかと思い、ネットで調べてみると、育ちすぎたルッコラは加熱すると辛みが無くなり、おいしく食べられることがわかったので、次は加熱して食べることにしました。

 

 

ルッコラのおひたしと菜の花?を食べてみました!

さて、今日は子供のスポ少も無く、早く仕事から帰ってこれたので、畑の見回りができました。そして、ちょっと育ちすぎだけど、まだとう立ちしていないルッコラを見つけたため、優先して収穫してきました。

 

また、前に紹介したと思いますが、「新手の寄せ植え」ルッコラとう立ちしていましたので、こちらも収穫してしまいました!

 

ルッコラ収穫前の新手の寄せ植え。ルッコラとう立ちしています。

パクチーの葉色がちょっと心配です。

ルッコラ収穫前の新手の寄せ植え

ルッコラ収穫前の新手の寄せ植え

そして、収穫後の様子。

ルッコラ収穫後の新手の寄せ植え

ルッコラ収穫後の新手の寄せ植え

バランスが悪くなってしまいましたね(^^;

ただ、中央のルバーブが元気なのがうれしいです。地植えは虫食いだらけなので。

 

 

収穫したルッコラは、シンプルにおひたしにすることにしました。

沸騰したお湯に入れると、鮮やかな緑色に!

ルッコラをゆでる

ルッコラをゆでる

沸騰したお湯で、1分ほど茹でてから水で冷やし、水気を切って、食べやすい大きさに切って完成です!ポン酢をかけて食べてみました。

ルッコラのおひたし

ルッコラのおひたし

個人的な感想ですが、辛みは全く無し、そして独特なごまの風味もほとんど無くなりました。でも歯ごたえがしゃきしゃきしていておいしい!しゃきしゃきのほうれん草のようなイメージでしょうか。

 

ただ、奥さん曰く、「おいしいけど、ルッコラの意味なくない?」とのこと。

 

はい。ルッコラは、早取りでサラダがおすすめです!

でも、育ちすぎちゃった場合は、加熱して食べるとおいしいです!

ということにします。加熱したものは、子供でも食べられると思います。

(うちの娘は多分食べませんが・・・)

 

最後に、もう一つ、「新手の寄せ植え」から収穫したとう立ちしたルッコラ

要は、アブラナ科だから、菜の花でしょ!と自分に言い聞かせ、同じようにおひたしで食べてみました!

ルッコラの菜の花

ルッコラの菜の花

菜の花部分だけで食べてみたところ、意外においしい!

苦みなどはあまり感じませんでした。量が少なかったからかもしれませんが、個人的には菜の花もいけるな~と思いました。

 

いろいろな作物を色々な段階(早取りやとう立ちなど)で食べられるのは、家庭菜園の良い所だな~と毎度ながらに感じました!

 

 

今年の家庭菜園の経過報告!少量多品種栽培は何品種になったか?

今年の家庭菜園の経過報告!少量多品種栽培は何品種になったか?

今回の概要

今回は、今年の家庭菜園の経過報告となります。生育は、順調なものや全くうまくいってないものなど様々です。取り組んだ品種は、97種となりました!後半戦と合わせると100品種超えそうですが、収穫品種100種類達成出来たら良いな~と思っています!

大きく育ったラディッシュ

大きく育ったラディッシュ

 

今回の内容

 

今年の家庭菜園の経過報告です!

どうも、よっしーです!

家庭菜園を始めて三年目の今年は、少量多品種栽培に真剣に取り組んでいます!

うまくいっているもの、うまくいっていないもの、知らぬ間に追加になったものなど、ここまでの経過報告をしたいと思います!(自分の記録用でもあります)

 

ナス科(19品種)

ジャガイモ

・キタアカリ(生育順調)

メークイン(生育普通)

ノーザンルビー(生育普通)

シャドークイーン(生育順調)

・インカのめざめ(生育順調)

 

ナス

・仙台紫紺長ナス(生育良くない)

サントリー本気野菜長ナスぶらぶら(生育良くない)

サントリー本気野菜トロトロ炒めナス(生育あまり良くない)

・長ナス(銘柄不明。生育あまり良くない)

 

トマト

サントリー本気野菜おいしい大玉(生育普通。低温障害から復活?)

サントリー本気野菜こいあじ大玉(生育普通)

・こくうまトマト中玉(生育普通。低温障害から復活)

サントリー本気野菜純あまミニトマト(生育普通。低温障害から復活)

 

ピーマン・シシトウなど

・ピーマン(種から育苗。生育良くない)

・パプリカフルーピーレッドEX(生育普通)

・万願寺トウガラシ(生育あまり良くない)

・伏見甘長トウガラシ(生育普通)

・鷹の爪(種から育苗、生育良くない~普通のもの複数あり)

 

その他

ペピーノ(生育あまり良くない~普通)

 

インカのめざめの花

インカのめざめの花

 

 

ウリ科(15品種)

きゅうり

サントリー本気野菜強健豊作キュウリ(生育普通)

・強健多収きゅうり(種から育苗、生育普通)

 

イカ

・小玉スイカ赤てまり(生育順調)

・小玉スイカ(昨年収穫したスイカの種から育苗。生育悪い)

・小玉スイカサマーオレンジベビー(生育良くない)

・大玉スイカ縞王(生育良くない)

・大玉スイカ羅王(生育良くない)

 

メロン

・レッドムーンネット(生育順調。空中栽培誘引中)

・グリーンムーンネット(生育普通。不調だったがやや復活。空中栽培誘引中)

・レノンウェーブ(生育やや良くない~普通)

プリンスメロン(生育やや良くない~普通)

 

カボチャ

・ミニカボチャ(去年収穫したカボチャの種から育苗。生育順調、悪いもの両方あり)

・バターナッツ(種から育苗。生育普通?)

・ズッキーニ(生育順調。着果、一部受粉作業実施)

 

その他

・ゴーヤ(生育普通)

 

ズッキーニの花

ズッキーニの花

 

アブラナ科、葉物野菜(16品種)

・白菜(菜の花収穫済み)

コマツナ(菜の花収穫済み。春に種まきしたものは虫食いがひどい)

・小カブ(収穫済み)

ラディッシュ(収穫済み)

・時なし大根(間引き菜収穫済み)

・茎ブロッコリー(生育順調)

芽キャベツ(生育順調?)

ルッコラ(一部収穫済み)

・水菜(虫食いひどく、収穫困難か?)

チンゲンサイ(虫食いひどい。生育良くない)

・サニーレタス(一部収穫済み、生育順調)

・サンチュ(一部収穫済み、生育順調)

シュンギク(昨年自家採取した種を直播き。発芽、生育ともに不調)

・モロヘイヤ(苗追加。生育悪い)

ツルムラサキ(苗追加。生育やや悪い)

アシタバ(苗追加。生育やや悪い)

茎ブロッコリーとサニーレタスの混植

ブロッコリーとサニーレタスの混植

 

豆類(8品種)

・枝豆(生育普通)

・黒豆(生育普通)

・だだ茶豆(生育普通)

・絹さや(生育順調。一部収穫済み)

スナップエンドウ(生育順調)

・落花生(発芽率悪い。生育良くない)

・春まき空豆(生育順調)

・沖縄四角豆(生育良くない)

生育が順調な春まき空豆

生育が順調な春まき空豆


 

 

ハーブ類(10品種)

・セージ(二年目の株。一部収穫済み)

レモンバーム(二年目の株。一部収穫済み)

イタリアンパセリ(二年目の株。一部収穫済み)

・タイム(三年目の株。一部収穫済み)

パクチー(種から育苗。生育普通)

・スープセロリ(直蒔き。生育良くない)

・バジル(虫食いひどい。失敗?)

ローズマリー(生育悪い。失敗?)

・ペパーミント(発芽失敗?)

・月桂樹(生育順調。一部収穫済み)

青くてきれいなセージの花

青くてきれいなセージの花

 

ネギ類(4品種)

・ニンニク(一部サビ病。もうすぐ収穫適時)

・玉ねぎ(生育順調。もうすぐ収穫適時。一部収穫済み)

・九条ネギ(生育順調)

・ニラ(プランター栽培。生育やや悪い?)

さび病のため早取りしたニンニク

さび病のため早取りしたニンニク

 

 

 

その他(18品種)

・ベニアズマ(生育普通)

・ベニハルカ(生育普通)

・安納芋(苗取り用苗の生育良くない)

・里芋(ようやく芽が出てきた!)

・生姜(まだ芽が出てこない)

・長芋(生育順調?)

・トウモロコシゴールドラッシュ(生育順調)

・トウモロコシホワイト未来(生育普通)

・アスパラ(収穫済み)

・ほうれん草(収穫済み)

・オクラ(生育あまり良くない?)

・ビーツ(虫食い多いが、株元膨らんできた)

ルバーブ(虫食いひどい。生育悪い)

ミョウガ(生育順調)

・ニンジン(生育あまり良くない?)

・ゴボウ(発芽率悪い。虫食いひどい。生育良くない)

・畑わさび(ほとんど変化なし。生育?)

・シイタケ(ホダキング全く変化なし)

株元がふくらみ始めたビーツ

株元がふくらみ始めたビーツ

 

 

くだもの(7品種)

・イチゴ(生育良さそうだが、実なりはあまり良くない?)

・ブルーベリー(もうすぐ収穫出来そう)

・パッションイエロー(生育やや良くない)

・パッションパープル(生育やや良くない)

・レモン(実が落ちる。生育普通?)

デコポン(実が落ちる。生育普通?)

・アボカド(芽出し成功!?)

発芽成功?のアボカド(右)、新たに仕掛けたアボカドの種(左)

発芽成功?のアボカド(右)、新たに仕掛けたアボカドの種(左)

 

少量多品種は何品種になったか?後半戦の準備も考えなくては。

一応、抜けが無ければ上記で全品種となります。

 

合計で97品種

 

ただ、ショウガやペパーミント、シイタケのようにまだ芽など成長が確認できないものや、ミズナのように収穫まで持っていけなそうなものもあります。

もちろん、リベンジはしようと思っていますが、時期的に厳しいものもあります。

このうち何品種が収穫できるのか、引き続き頑張って行きたいと思います!

 

また、もうそろそろ後半戦(夏~秋)の準備も考えなくてはなりません。

後半戦は、葉物+大根などがメインとなりますが、『ミニ野菜菜園』もやってみたいので、品種の選定が必要です。この感じだと、品種は100種類は超えそうですね(^^;

収穫品種も100品種いければ良いのですが・・・。

 

 

-->
-->