よっしーの少量多品種で楽しむ家庭菜園

初心者から始めた少量多品種栽培の家庭菜園ブログです。 色々な品種、栽培方法に積極的チャレンジしていきます!

今年もじゃがいもの試し掘り開始!まずはインカのめざめとシャドークイーンから

 

今年もじゃがいもの試し掘り開始!

どうも、よっしーです

 

さて今年もじゃがいもの試し掘りの季節がやってきました!

ちょうど土曜日に梅雨の晴れ間があたってくれたため、昨日までは雨が降っていたのですがじゃがいもの試し堀りを行うことにしました。

 

今年はじゃがいもの植え付けを全て4月3日に植え付けを行いましたので、約2か月半(75日)が経過したことになります。

 

通常、じゃがいもの収穫は、植え付け後3か月程度が目安だと思うので、そんなに早く収穫したら収量が少なくなってしまうという方もいるかと思います。

 

確かに収量は少なくなってしまうのですが、我が家は採れたての新じゃがを味わえる期間を長くしたいという作戦のため、毎年6月中旬頃には試し掘りを開始し、以降は天気次第ですが、毎週収穫していくという形をとっています。

 

じゃがいもも一気に収穫しようとするとかなりの労力を要するため、徐々に収穫しながら株数を減らしていく方が作業負荷的にも良いと考えています。ちなみに、昨年は収穫時期に忙しすぎて半分ほど収穫できず放置してしまうという失態を犯してしまっているため、今年はきっちり全て収穫したいと思います!

 

色々理由を書きましたが、何と言っても「早く掘りたい!」というのが一番の理由なんですけどね。そういう方は意外に多いのではないでしょうか?

 

さて、今日のじゃがいもの畝の様子です(一番手前は菊芋)

じゃがいもの畝の状態

じゃがいもの畝の状態

以下は、同時期に植えた菊芋(左)、ぽろしり(中央)、シャドークイーン(右)の成長の比較です。ぽろしりとシャドークイーンでこんなに成長が違います。ここ数年の経験では、シャドークイーンは圧倒的に他のじゃがいもより成長が早く、株が大きくなります。

菊芋とぽろしりとシャドークイーン

菊芋とぽろしりとシャドークイーン

 

インカのめざめの試し掘り

では、まずインカのめざめの試し掘りからです。

インカのめざめは、じゃがいもの中では極早生種で今年植えた中では、収穫まで一番早い品種となります。

 

とは言え、さすがにまだ株が枯れてきてはいないので、収穫適期よりはまだまだ早い状態だと思います。

 

以下が、試し掘りすることにしたインカのめざめの株となります。

試し掘りしたインカのめざめ

試し掘りしたインカのめざめ

今年は全てマルチ栽培にしていますので、前日まで雨が降っていてもマルチの下は良い感じに乾いています。

ンカのめざめ(マルチの下)

インカのめざめ(マルチの下)

掘り上げるとこんな感じで、大きめのイモも何個かあり、イモの状態もきれいでした。

インカのめざめ収穫

インカのめざめ収穫

インカのめざめ試し掘りの結果

インカのめざめ試し掘りの結果

インカのめざめは、基本的に小ぶりなイモが多く、収量も少ない希少品種なので、試し掘りでこれくらいの量が採れればとりあえず満足です!

 

↓希少なインカのめざめ一度お試しあれ


 

 

シャドークイーンの試し掘り

お次はシャドークイーンです!

 

シャドークイーンは、紫色が特徴のじゃがいもで、中まできれいな紫色をしています。紫色の成分は、ブルーベリーと同じアントシアニンですが、実はブルーベリーよりも多くのアントシアニンを含んでいる驚きの食材です!

 

シャドークイーンはインカのめざめとは異なり中晩生の品種なのでまだまだ収穫適期には早いのですが、試し掘りしてみました。

 

試し掘りした株は以下の株ですが、花満開状態でイモの肥大も本来はこれからが本番となります。

試し掘りしたシャドークイーンの株

試し掘りしたシャドークイーンの株

シャドークイーンもマルチをめくると良い感じに土は乾いた状態です。マルチ栽培の場合は、こんな感じで土が乾いているので、収穫日に雨が降っていなければ前日が雨であっても問題無く収穫できます。

シャドークイーン(マルチの下)

シャドークイーン(マルチの下)

掘り上げてみるとこんな感じでした。

シャドークイーンの試し掘り

シャドークイーンの試し掘り

シャドークイーンの試し掘り結果

シャドークイーンの試し掘り結果

当然ですがシャドークイーンの収量にしては、やや物足りない結果となりました。インカのめざめと同程度くらいでしょうか。

 

ただ、シャドークイーンの場合は、これから毎週どんどん収量が伸びていくと思いますので楽しみです!

 

今日試し掘りした2品種のじゃがいもは、以下のとおりノンフライヤーでポテトフライになりました!シャドークイーンの色のアクセントが良いです。そして、インカのめざめうますぎです!味の濃厚さが他のじゃがいもとはけた違いです!

インカのめざめとシャドークイーンのポテトフライ

インカのめざめとシャドークイーンのポテトフライ

 

シャドークイーン食べてみませんか?


 

 

 

さて、今回はインカのめざめとシャドークイーンの試し掘りでしたが、今年はこのほかにも、ぽろしり、ピルカ、キタアカリも植えています。ただ、同時期に植えたもののインカのめざめとシャドークイーン以外は成長が遅く、欠株も多かったため7月に入ってからの試し掘り又は本収穫になりそうです。

 

 

今年のハーブの成長記録(途中経過)について

今年のハーブの成長記録(途中経過)について

どうも、よっしーです!

今年の家庭菜園では、ハーブを強化して種類を増やしています。ハーブの多くは苗を購入しているものが多いですが、昨年から持越した株や半自生しているもの、種から育苗したものもいくつかあったりします。

 

そんな、今年のハーブの現在の状況を今回はご紹介したいと思います!

 

① 月桂樹(ローリエ

ローリエは、家の中で鉢植えで育てています。昨年は、ほぼ放置してしまいましたが、今年はもう少しちゃんと管理するようにしています。

以下は、連休明け頃の月桂樹の新芽が出てきた様子です。

今年の春の月桂樹

連休明け頃の月桂樹

そして、さらに1か月経過したつい最近の月桂樹の様子です。さらに新しい芽が出てきて、上の写真の芽は立派な葉っぱに成長しています。

さらに1か月後の月桂樹

さらに1か月後の月桂樹

以下が乾燥後のローリエです。何回か煮込み料理に利用しました!

乾燥後のローリエ

乾燥後のローリエ

 


 

② ステビア

ステビアは、苗から育てています。葉っぱは、何回かヨーグルトと一緒に食べたりしていますが、ものすごく甘いですね。

ステビアの苗

ステビアの苗

最近のステビアの状況は、以下の右の鉢植えになります。1回伸びた部分を剪定し、乾燥ハーブにしています。

最近のステビアの様子

最近のステビアの様子

以下は、部屋の中で育てているステビアの苗になります。こちらも元気に育ってくれています!

部屋の中のステビア

部屋の中のステビア

③ スペアミント

スペアミントも苗を購入し、鉢植えで育てています。

以下が購入した時の状況です。

スペアミントの苗

スペアミントの苗

そして現在の様子です。左側がスペアミントになります。こちらも一度剪定して風通しを良くしています。スペアミントは、フレッシュハーブでハーブティーに何回か利用していますが、飲みやすくてベースのミントとしています。

スペアミント(左側)

スペアミント(左側)

④ レモンバーベナ

レモンバーベナも苗から栽培しています。レモンの香りがさわやかで、ハーブティーにしてもレモンバームより草っぽさが気にならないため、気に入っています!

以下が苗を購入した時の様子です。

レモンバーベナの苗

レモンバーベナの苗

こちらが現在のレモンバーベナの様子です。こちらも一度剪定し、風通しを良くしています。

ちなみに部屋にあるレモンバーベナの鉢は子虫が付いていたこともあり、以下のようにバッサリと剪定したのですが、現在ちょっと弱っています。また元気に回復してくれると良いのですが。

部屋のレモンバーベナの剪定

部屋のレモンバーベナの剪定

ちなみに、上の剪定した葉は、以下のように部屋で干して乾燥させて乾燥ハーブとして保存しています。

レモンバーベナを部屋で乾燥

レモンバーベナを部屋で乾燥

2~3日でカラカラに乾燥しました。

乾燥後のレモンバーベナ

乾燥後のレモンバーベナ

 

⑤ カレープラント

カレープラントも苗を購入して育てていますが、特徴的な香りが面白いハーブです。

まだ、料理にはうまく活用できていませんが・・・。

苗を購入した時の様子は以下のとおりです。

カレープラントの苗

カレープラントの苗

続いて現在の様子です。こちらも一度剪定して風通しを良くしています。

現在のカレープラント

現在のカレープラント

こちらは、玄関前に置いているカレープラントの鉢植えです。どちらも順調に生育してくれています。見た目も少し丸みを帯びてもっさりしている感じがかわいらしいです。

現在のカレープラント②

現在のカレープラント②

 

⑥ オレガノ

オレガノも苗を購入して育てています。代表的なスパイスなので、自家製スパイスを作りたいなと思っています。

こちらが苗を購入時の様子です。

オレガノの苗

オレガノの苗

そして、現在のオレガノの様子です。大きめの鉢に移しています。こちらも一度剪定済みです。

現在のオレガノの様子

現在のオレガノの様子

⑦ コモンタイム

コモンタイムも苗を購入して育てています。以下が苗購入時の様子です。

コモンタイムの苗

コモンタイムの苗

そして現在のコモンタイムの様子です。こちらも一度剪定していますが、だいぶ旺盛に成長しています。

現在のコモンタイム

現在のコモンタイム

⑧ ローズマリー

ローズマリーは、越冬した鉢植えと、新たに購入した苗があります。

苗を購入した時の状況は以下のとおりです。2種類の苗があります。

ローズマリーの苗

ローズマリーの苗

そして、現在のローズマリーの様子です。上の右側の苗が成長したものですが、枝の長さが長くなっていますね。少し大きくなりましたが、まだまだこじんまりしています。

現在のローズマリー

現在のローズマリー

こちらが上の写真の左側の苗が成長したものです。かなり伸びたので、一度剪定しています。こちらは、部屋で育てています。

現在のローズマリー②

現在のローズマリー

こちらは、越冬したローズマリーの鉢です、ひょろっと長く伸びていますが、横には枝が伸びて来ません。一応、元々、ミントとの寄せ植えだったため、下の方に生えているのは雑草ではなく、ミントとなります。

越冬したローズマリーの鉢(現在)

越冬したローズマリーの鉢(現在)

⑨ コモンセージ

セージは、昨年までは畑に地植えのものが何株かあったのですが、越冬できずに枯れてしまったため、今年は苗を購入して鉢植えで育てています。

以下が苗を購入した時のセージの様子です。

セージの苗

セージの苗

セージの現在の様子です。一度剪定しているのですが、大分葉が密集してきています。

現在のセージの様子

現在のセージの様子

こちらは、部屋の方のセージの様子です。こちらの方が生育が順調な感じが気がします。

現在のセージの様子

現在のセージの様子

⑩ イタリアンパセリ

イタリアンパセリは、地植えしていた株が越冬したものが1株だけ生き残っており、鉢植えにしたものです。以下が鉢に植え替えた際の様子です。

以下の写真は植え替えた直後なので元気に見えますが、一度植え替えたストレス?で全体がしなしなになっています。

地植えから鉢植えに植え替えたイタリアンパセリ

地植えから鉢植えに植え替えたイタリアンパセリ

イタリアンパセリですが、越冬株なので、今年は以下の写真のとおり、見事にとう立ちしてしまいました。この後とう立ちした部分は全て切除しました。

とう立ちしたイタリアンパセリ

とう立ちしたイタリアンパセリ

⑪ パクチーコリアンダー

パクチーは、半自生化しており、雑草と一緒に除去したりしていますが、一部コンパニオンプランツとして植え替えしたり、そのまま残したりしています。

以下は、現在のパクチーの様子ですが、開花しています。我が家では、パクチーの葉は誰も食べないので、種にしてスパイスを作りたいと考えています。

植え替えしたパクチー

植え替えしたパクチー

パクチーの花

パクチーの花

⑫ フェンネル

フェンネルは昨年の余っていた種から育苗したもので、まだポットで育苗中です。

フェンネルの苗

フェンネルの苗

⑬ バジル

バジルはちょっと出遅れてしまったのですが、現在種から育苗中で少しずつ芽が大きくなってきたくらいです。

苗中のバジル

育苗中のバジル

⑭ ボリジ

ボリジは種から育てています。ここ最近で一気に成長してきました!

以下が発芽時の様子です。

発芽したボリジ

発芽したボリジ

現在のボリジの様子です。イチゴのコンパニオンプランツとして植えたのですが、すでにイチゴの株より大きくなっています。間引きもしていないので、間引きしたいと思います。

現在のボリジの様子

現在のボリジの様子

ざっと、現在のハーブの様子は以上になります。それぞれ、それなりに成長してくれていると思います。活用方法がどちらかというと追いついていないため、もっと活用していきたいところです。

初めてのハーブの挿し木の結果は?

ハーブの挿し木については、ステビアローズマリー、コモンセージの3つについて試しにやってみました。やり方としては、剪定した枝をバーミキュライトにさして、水やりをするだけとなります。

し木開始後のステビア

挿し木開始後のステビア

今日で3週間ちょっと経過したのですが、どれも枯れずに生き残っていたため、植え替えをしました。以下が、挿し木したステビアの今日の様子です。株元から新たに葉っぱが生えてきています。

挿し木したステビアの現在

挿し木したステビアの現在

ステビアについては、2本挿し木したうちの1本の根の様子を見てみました。

こんな感じで3週間ちょっとでしっかり発根してました!

挿し木したステビアから生えてきた根

挿し木したステビアから生えてきた根

ちなみに、セージの方は残念ながら発根が確認できませんでした。

ステビアは、挿し木で割と簡単に増やせそうな感じですね。

また今度、他の種類のハーブでも挿し木に挑戦してみたいと思います!

 

 

さつまいもの植え付けから1週間後の様子。ニンニクはさび病が発生中!

さつまいもの植え付けから1週間後の様子

どうも、よっしーです!

今週は、土日ともに子供のスポ少があり、家庭菜園は主に帰ってきてからの夕方の時間に管理などしていました。

 

天気が最近は、不安定で突然の大雨に加えて、朝晩の低温など心配な状況が続いています。

 

そんな所で、先週の日曜日に植え付けをしたさつまいもの苗の様子をお伝えしたいと思います。

 

まず、先週植え付け時のさつまいもの状況です。

紅あずまと紅はるかを植え付けしましたが、特に紅あずまの苗(手前の2畝)がひょろひょろの細い苗でちょっと心配していました。

さつまいもの苗植え付け直後の様子

さつまいもの苗植え付け直後の様子

お次は、植え付け後3日目のさつまいもの苗の状況です。活着して持ち上がった苗と干からびてペタッとした苗が混ざっています。

植え付け後3日目のさつまいも

植え付け後3日目のさつまいも

植え付け後3日目のさつまいもの苗

植え付け後3日目のさつまいもの苗

そして、1週間が経過した今日のさつまいもの状況です。

1週間後のさつまいもの畝

1週間後のさつまいもの畝

1週間後のさつまいもの苗①

1週間後のさつまいもの苗①

1週間後のさつまいもの苗②

1週間後のさつまいもの苗②

今日見た限りで、完全に枯れていたのはマルチを張っていない畝の2本だけで、マルチの畝はまだ生死の境目にいるような微妙な状態の苗も少しありますが、基本的には活着して苗の持ち上がりが確認できました!

 

さつまいもの苗を植えた後はいつも、活着して新芽が出て来るまではドキドキしてしまいますが、さつまいもの苗はかなり強いので、完全に枯れないかぎりは復活する可能性が高いです。なので、一見枯れそうに見えていても「多分、大丈夫だろう!」と思って毎年みています。

 

ちなみに枯れてしまったところはどうするかですが、今回枯れた2本は、「革新甘藷作法」用に余った苗を仮植えしていたものなので、今回は4本(2畝分)ほど生き残っていれば問題無いので、補充などはしません。

 

仮に黒マルチの畝の方でこの後何本か枯れてしまった場合ですが、その場合は生育の早い苗からツルを切り取って、枯れてしまったスペースに植える予定です。さつまいもの苗の場合は、このように成長した苗を枯れた苗の補充用として使えるので便利ですね!

 

ニンニクはさび病が発生中!

さて、もう2週間後くらいに収穫予定のニンニクですが、先週あたりからさび病が発生してしまっています。

さび病が出てしまったニンニクの畝

さび病が出てしまったニンニクの畝

さび病にかかったニンニク

さび病にかかったニンニク

何だかんだで毎年さび病が出てしまっています。やや疎植気味にはして風通しにも気を付けているつもりではありましたが、この場所ではさび病を出さないのは難しいのかもしれません。玉ねぎの畝と少し離しておいて良かったです。

 

ちなみに、4日ほど前に症状がひどい3本を引っこ抜いて処分しましたが、やはりまだ球が成長し切れていなかったですね。

 

そして、今日も症状がひどくなっていた1本を除去しましたが、ちょっと生育が進んできたかなという感じがしてきました。以下のように可食部が大きくなってきました!

 

今日除去したさび病のニンニク

今日除去したさび病のニンニク

ちなみに、さび病が発生してもニンニクの球の部分に問題が無ければ食べられますよ!我が家では問題なく食べていますが、気になる方は無理はしないでくださいね。

 

さび病対策の薬剤です。


 

 

 

6月の家庭菜園の主な予定

さて、6月の家庭菜園の主な予定は以下のとおりとなります。

・ さつまいも植え付け第二弾(ブランド品種3種)

・ さつまいもの革新甘藷作法の植え付け

・ にんにくの収穫

・ 玉ねぎの収穫

・ じゃがいもの収穫(インカのめざめ)

 

さつまいもの植え付け第二弾は、安納芋、パープルスイート、紅きららの予定です。

革新甘藷作法の植え付けは、今仮植えしている苗を6月中旬頃に掘り起こして、大きな畝に植え替えをします。

あとは、ネギ類の収穫ですが、さび病の蔓延が心配です。

 

じゃがいもは、おそらく極早生種のインカのめざめがいち早く収穫期を迎えると思いますが、6月中旬以降に順次試し掘りをしていく予定です。シャドークイーンも6月下旬には試し掘りをしていく予定です。

 

我が家の場合は、少し早めでも試し掘りという名の収穫をしていき、新じゃがの期間を長く楽しむというスタイルにしています。まあ、待ちきれないという理由も大きいのですが。

 

次回の記事ですが、食物乾燥機を購入したので、さっそく剪定したハーブ類を仕込んでみたので、状況を報告したいと思います。